* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2005.08.09 → 8月9日~長崎~
ビデオ屋に立ち寄ったとき、ふと目にした”きけ、わだつみの声”と


いう映画を見ました。小学校の


時に1回みましたが、もう一度、祖母と二人で見ました。僕らと同じ世


代の若者が戦争へと出兵し、それぞれの友情や戦争に対する疑問を投げ


かけた作品。考えさせられました。


今日は長崎に原子爆弾”ファットマン”が投下された日。


死者約74,000人、負傷者約75,000人という悲惨な被害が長崎を襲いまし


た。6日は広島に”B29エノラ・ゲイ”により、原爆のリトルボーイが投


下されました。そして8月15日に終戦。今年は60年という節目を迎


えています。しかし、私たちの意識のなかで風化しつつあります。


僕は戦争を体験していないし、話や資料でしか知りません。しかし、戦


争というものがいかに愚かなことなのか、してはいけないことなのかを


知る義務があると感じています。原爆を体験した人々の平均年齢も73



歳を超え、もはや語れる人は少なくなってきました。でも、この戦争を


次の世代に伝えていかなければ、また過ちを犯してしまうのではないか


と不安です。戦争を体験した人には到底及ばないけど、戦争について少


しでも多くのことを学び、伝えていかなければならないのだなと感じま


した。今日、世界のあらゆるところで戦争が行われています。


遠い出来事に感じてしまう自分が嫌で仕方がありません。これからの日


本を担う僕たちの世代は、戦争を身近に、切実な問題として意識しなけ


ればなりません。




ああ、弟(をとうと)よ、君を泣く、君死にたまふことなかれ、

末に生まれし君なれば 親のなさけは勝(まさ)りしも、

親は刃(やいば)をにぎらせて 人を殺せと教(をし)へしや、

人を殺して死ねよとて 24までをそだてしや。


これは歌人与謝野晶子が日露戦争に従軍中の弟に向かって書いた詩です。24歳でこの世を去った弟を唱っています。
このような若さで命を失う戦争など、二度と繰り返してはいけないとおもいます。



LINK
広島原爆に関するQ&A
長崎原爆資料館
スポンサーサイト
17:10 *** LIFE | Trackback(0) | Comment(4) | Top
* 2005.08.09 → ざぶ~ん
今日は午前中は部室の掃除をして、午後は整体&先輩と須坂のサマーラ


ンドに行ってきました!最近はナイトタイムというのがあって5:30


~8:30までやってます!子供並みにはしゃいでウォータースライダ


ーを滑り降り飛び込み台へ・・・最初は普通にとびこんでたけど、あれ!?
zabu

スキーのトリックの練習に・・。


なかなか練習になります☆監視員のおじちゃんいわく、「ボーダーも練


習してるよ」だって☆考えること同じだ。笑 先輩は卒業してからもウ


ォーター行ったり、あそんだりしてます!そんな関係になれた事を感謝


してる今日この頃です^^夜は先輩&友達でカラオケにいってきました☆

半年振りのカラオケは久しぶりで楽しかったです☆

00:27 *** LIFE | Trackback(0) | Comment(3) | Top
Home

無料ホームページ ブログ(blog)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。